生徒会のトップへもどる

生徒会会則
前文
 私たちは、互いに協力し、理解しあい、よりよい学校生活をすごすためにこの会則を定めました。そして私たちは、人権を最大に尊重し互いの個性や違いを認め合いながら学校生活の充実と向上を目指します。また、ひとりひとりが互いの権利と自由を尊重し、生徒会会員としての義務を果たし、協調してよりよい生徒会をつくっていきたいと決意しました。私たちは、先生方と協力しながら、この会則を最大限に尊重し、生徒会を運営していきます。
第1章  名称
第1条  この会の名前を大田区立蓮沼中学校生徒会といいます。
第2章 会の目的
第2条   この会は私たちの学校生活における生徒の自治的活動をうながす目的で運営されます。
第3条

 本会は顧問の先生の助言や指導を受けながらよりよい学校生活を目指して運営されます。

第3章  会員の権利と義務
第4条  在校生は全て会員になります。
第5条  会員は会長、副会長、役員を選ぶ権利と立候補する権利を持ちます。
第6条  会員はこの会則および細則を尊重し、よりよい生徒会活動のために尽力する義務があります。
第4章  構成
第7条  この会に総会およびその総会に代わる代行機関である運営委員会と、取り組みの母体となる執行機関である生徒会役員会とをおきます。
第8条  特別委員会は、運営委員会の決議によりおくことができます。
第5章  生徒会・役員会
第9条  生徒会長は全会員を代表します。
第10条  会長、副会長、役員をメンバーとし、生徒会役員会を構成します。
第11条  生徒会役員会は、総会や運営委員会へ議案の提出や活動内容の報告をします。
 また、そこで決議したことを責任を持って行います。
第12条  生徒会役員会は、生徒総会で過半数を占めた意見、要望等について先生との話し合いの場を持つことができます。
 また、この話し合いの結果は、会員に広報等で告知することにします。
第13条  生徒会長と生徒会役員は特別委員会を除き、他の委員会を兼ねることはできません。
第14条  生徒会役員会は、生徒会の企画、運営を行い、会長がこれをまとめます。その任期は1年間で、原則として9月に選挙されます。
第15条  会長がその職務を遂行できないときは副会長がその職務を代行し、また、もし会長が転校などのため辞職した場合は、残りの任期を副会長が昇格し、会長をつとめます。
第6章  生徒会役員の選出方法とその解任
第16条  会員による選挙で最も多く得票した者が会長、副会長、役員となります。
第17条  立候補するにあたって、役員の場合は在校生の5名以上の推薦者を必要とします。
第18条

 生徒会役員の選挙は各学級1名で構成された選挙管理委員会において行われます。

第19条  選挙管理委員会においては委員の選挙により、委員長を選出し、公明正大な運営を顧問の先生の指導と助言に基づいて行います。
第20条  選挙活動については、(細則2生徒会役員選挙)に従い行われます。
第21条  生徒会役員は生徒会長1名、副会長(1年1名、2年1名)、
役員4名(1年、2名、2年2名)の計7名によって構成されます。
第22条  役員会のメンバーの解任は以下の二つの方法をとります。一つは、運営委員会の3分の2の賛成で発議した場合、もう一つは、会員総数の3分の1の連署を持って、運営委員会に提出し、有効なものであると認めれば、解職の発議をする場合です。いずれの場合も臨時の生徒総会において過半数の賛成で可決します。その際、解任理由を明示しなければなりません。もし、解任された場合は、公示も含めて40日以内に再選挙を行います。解任された役員はこの選挙に立候補することはできます。
第7章  生徒総会
第23条   定例の生徒総会は毎年2回前期・後期に1回ずつ行われます。また、以下の場合の要求のあるときは、運営委員会が必要と認め、先生方の了解を得て、臨時会を開きます。
1、  会員の5分の1以上の要求のあるとき
2、  生徒会役員会の要求のあるとき
3、

 運営委員会の要求のあるとき 

第24条   生徒総会は会長が召集します。
第25条  生徒総会は生徒会の最高の議決機関で、会員の3分の2以上の出席がなければ開会できません。また、出席者の過半数の賛成で決議されます。
第26条  生徒総会は次のことを審議します。
1、

 活動方針・活動計画の決議

2、

 本会会則の改正

3、  生徒会の予算、決算の承認
4、  その他、運営委員会が提出する重要な事項
第27条  生徒総会の運営は運営委員会議長団(議長・副議長・書記)が行います。
第8章  運営委員会
第28条

 運営委員会は生徒総会に準ずる、発議・検討・調整をする機関です。生徒総会が開くことができない場合に、生徒総会に準ずる役割を果たします。

第29条  運営委員会は各学級代表委員長・副委員長、および生徒会長・副会長、専門委員長・副委員長により組織され、顧問の先生の指導と助言を受けながら運営されます。
第30条  運営委員会では、各学級代表委員長・副委員長、および生徒会長・副会長、専門委員長・副委員長が、議案を提出し、討議を求めることができます。運営委員会が必要に応じて関係する生徒の出席を求めることもできます。
第31条  運営委員会は会員なら誰でもが傍聴できます。ただし、運営委員会の3分の2の賛成で非公開にすることもできます。
第32条  運営委員会は委員の選挙により議長、副議長、書記を1名ずつ選出し、議長がこれをまとめます。ただし、生徒会役員会のメンバーはこれらになることはできません。
第33条  議長は原則として月に1回定例運営委員会を開催します。ただし議長が必要と認めた時、また、運営委員会の3分の1以上の要求、生徒会長の要請があった時には臨時運営委員会を開催します。
第34条  運営委員会は次のことを審議します。
1、

 役員会、学級代表委員会および専門委員会から提出された議案を審議し、決議したことを具体化します。

2、  学級代表委員会及び専門委員会との連絡を常に行い、意見調整をはかります。
3、  その他生徒会活動に必要なことを審議します。
4、  特別委員会の設置について審議します。
第35条  運営委員会は、3分の2以上の出席で成立し、構成総数の過半数の賛成で決議されます。
第9章 学級代表委員会
第36条  学級代表委員会は各学級男女1名ずつにより構成され、顧問の先生の指導と助言を受けながら運営されます。
第37条 

 学級委員は各学級においての選挙により決定し、その学級の代表になります。

第38条  学級代表委員会はそれぞれの学級内の事について連絡討議をします。
第39条  学級代表委員会は各学年ごとに各学級の学級委員により組織され、学級代表委員会委員長が必要に応じて会を持ちます。
第40条  学級代表委員会は委員の選挙により委員長、副委員長をそれぞれ1名ずつ選出します。
第41条

 学級代表委員会の任務は以下のようにします。

1、

 学級、学年を中心となってまとめる。

2、  委員長、副委員長は、運営委員会に出席し、審議内容を学級代表委員会に伝え、学級代表委員はその内容を各学級に伝える。
3、  学級内の諸係との連絡、調整を行う
4、  学年行事の中心となって、進行する
第42条  学級代表委員会は、3分の2以上の出席で成立し、構成総数の過半数の賛成で決議されます。
第43条  委員長は原則として、月1回定例委員会を開催します。また、必要に応じて臨時委員会を開くことができます。
第10章  専門委員会
第44条  専門委員会は各学級男女1名ずつにより構成されます。
第45条  専門委員会は給食、図書、美化、放送、保健、体育を置きます。
第46条

 専門委員会の任務は以下のようにします。

1、

 給食委員会 白衣全般の管理・給食のスムースな運営・その他、給食に関すること。

2、  図書委員会 図書室の管理、貸し出し等の運営事務・校内の本に関すること。
3、  美化委員会 校内の整理、美化に関する活動・校内の清掃用具の管理・校内の植物の管理と育成。
4、  放送委員会 校内放送に関すること・学級内スピーカーの管理・各行事、朝礼での放送器具の用意、かたづけ・校内の放送器具の管理・校内掲示物の管理。
5、

 保健委員会 校内衛生に関すること・健康に関すること・健康診断に関すること。

6、  体育委員会 体育的行事に関すること・体育の授業の諸連絡。
第47条  専門委員会は、顧問の先生の指導や助言を受けながら運営されます。
第48条  専門委員会の委員を兼任することはできません。
第49条 

1.専門委員会は委員の選挙により委員長・副委員長をそれぞれ1名選出します。また 、各学年   代表を1名決めます。

2.前期委員長は、オブザーバーとして、後期にも同じ委員会に所属する。ただしそれ  を望まな   い場合は、後期の生徒総会までの任期とする。なお、前期委員長の  所属する学級では、後期   新委員をきめることができる。

第50条  委員長は原則として月1回定例委員会を開催します。また、必要に応じて臨時委員会を開くことができます。
第51条  委員長は運営委員会及び各学級との連携をとり、委員会の企画、運営を行います。
第52条  委員の任期は半年とし、再任は妨げません。
第53条  専門委員会は、3分の2以上の出席者で成立し、構成総数の過半数の賛成で決議されます。

第11章  慶弔

第54条

 会員、会員の保護者、先生に喜ばしいこと、悲しいことがおきたときは、お互いに慶弔をあらわします。具体的なことは、学級代表委員会がきめます。

第12章  会計
第55条  1、生徒会活動は、公費およびその他の費用によってまかなわれます。
 2、役員会は、その事務を処理します。
第13章  改正
第56条 

 この会則の改正を要求するときは、以下の手続きのいずれかが必要です。

1、

 運営委員会における決議

2、  生徒会役員会における決議
3、  会員の5分の1以上の賛成
4、  学校(職員会議)による発議
第57条  会則の改正を要求した者は、生徒総会に改正案を提出しなければなりません。また、全会員の3分の2以上が賛成したときは改正案が承認されます。ただし、学校運営に関わるようなことについての決定はできません。
第14章  附則
第58条

 この会則を実施するために別に細則をきめることができます。細則については、運営委員会構成総数の3分の2以上の賛成によって決議することができます。

第59条  この会則は平成15年4月1日より実施されます。ただし、生徒総会で、この改正日付を変更できます。

細則1  生徒総会

第1条

 生徒総会は、全生徒の問題について討議決定する機関とします。ただし、生徒だけで決定することができない問題については、先生方の答弁をお願いすることができます。学校運営に関わるようなことについての決定はできません。

第2条  原則的に生徒総会は前・後期中に必ず開くこととします。
第3条  臨時生徒総会を会員が要求するときは、会員の署名を学級委員に渡し、運営委員会に提出する形とします。
第4条  生徒総会までの流れは以下の通りとします。
1、

 生徒会役員会・学級代表委員会・専門委員会、の1年間の活動方針、活動計画を決議します。

2、  運営委員会を開き、生徒会役員会、学級代表委員会、専門委員会の活動方針、活動計画について各学級に知らせ、要望、意見、質問を受けつけます。
3、  各学級においては学級代表委員を中心として検討します。この時、質問、意見、提案の三種に分け、学級で過半数の賛成を得るものを学級の質問、意見、提案として生徒会役員会、学級代表委員会、専門委員会にもう一度、検討してもらいます。ただし、学級の意見とはならなかったものも、生徒会役員会、学級代表委員会、専門委員会に提出することができます。各会で決をとり過半数をこえたものを生徒総会の議題として取り上げます。
4、  生徒会役員会、学級代表委員会、専門委員会では、各学級から集まった質問等を検討し生徒総会に備えます。
第5条  生徒総会において、生徒会長、学級代表委員会委員長、専門委員会委員長は質問や意見や提案についての答弁を行い、提案については会員の過半数の賛成がある場合にこれを活動方針、活動計画にもりこみます。
第6条   事前に届け出のない意見、質問、提案については当日になっての発言は認めません。ただし、討議内容に関する発言は当日でも認めます。
第7条  生徒総会の運営は、議長を中心に行われます。
第8条   生徒総会の議事進行は、生徒会役員会、学級代表委員会、専門委員会の順に活動方針と活動計画を述べその後それぞれ質問や意見、提案についての討議をおこない決をとる形とします。そして最後に活動方針について賛否を挙手で問い、可否を決定します。
第9条  生徒総会において審議の妨害、悪口、個人的な中傷があったと認められる場合、議長はその者を退席させることができる。
第10条 

 議長団

1、

選出について
一般公募し、2つの役割を果たすことのできる者とします。

2、

役割
・会全体をリードすること
・討議が当議題からそれないよう、会を運営すること。

3、 議長が議題内容からそれた発言であると判断した場合は、意見を停止することができる。持ち帰り、再検討も判断できる。

細則2  生徒会役員選挙

第1条   選挙で選出されるのは会長1名、副会長2名(一年1名、二年1名)、役員4名(一年2名、二年2名)の計7名です。
第2条  役員の任期は、10月から9月までの1年間とします。
第3条  会員は誰でも役員に立候補することができます。ただし、選挙管理委員は、立候補すること、選挙運動はできません。
第4条

 立候補届けは立候補者自身が在校生5名以上の推薦を受けて直接、選挙管理委員会に提出します。

第5条  立候補受け付け期間は5日間とし、立候補者が定数に満たない場合は、選挙管理委員会の決議で期間をのばすことができます。
第6条  立候補者は、立候補届け締め切りから投票日までの休日をのぞく7日間選挙運動を行うことができます。
第7条  選挙運動として次のようなことができます。
1、

巡回運動
選挙管理委員会の許可があれば、登下校時と昼に行うことができます。

2、

ポスター掲示
立候補者は、ポスターを選挙管理委員会の認印を受けて、定められた場所に掲示することができます。

第8条

 立候補者は、選挙管理委員会主催の立会演説会に出席しなければなりません。1名の立候補者について2名以内の応援演説を行うことができます。

第9条  正当な理由がなくて、第6条、第7条、第8条に違反した者の立候補は取り消されます。
第10条   選挙は、全会員が立会演説会のすぐ後に投票します。選挙は9月とします。
第11条  対立候補者がいない場合は、信任投票で過半数を必要とします。信任投票で過半数に満たない場合は再選挙します。再選挙で対立候補者がいなければ当選とします。
第12条

 選挙管理委員の選出について。選挙管理委員は、立候補予定者、及び、その関係者と現生徒会役員を除き、各クラス1名を選出する。

第13条  選挙管理委員会の任務
1、

  選挙についての日程をきめ、必要なことは全体に知らせます。    

2、 模造紙、たすきなど選挙に必要なものを準備します。
3、 立候補届け用紙・投票用紙をつくり、立候補届けを受け取ります。また、選挙公報を発行します。
4、 ポスターの承認、その掲示場所の指定をします。
5、 ポスターがきめられたとおりに掲示されているか、ポスターにいたずらがされてないかなど管理し、公正な選挙が行われるように配慮します。
6、 巡回演説、立会演説会の計画をたて、演説会の運営をします。
7、 投票を開票し、当選者を全体に知らせます。
8、 不公正な圧力や依頼がないように注意、監督します。
平成14年6月17日改正

生徒会のページへもどる

トップページへ戻る